川辺川ダムでの「不毛な対立」   F-9-4



V. 「不毛」の解析
ここでは上記で浮かび上がった「不毛」を解析することにします。


1. 「不毛要素」
考察のためのツールとして「信念」「思い込み」「感情」「損得」の不毛要素を定めます。

(不毛要素は別論考である「運命共同体 百年の大計」のUをベースにしている)

なお、表記としては一般的な意味では括弧なし(信念、思い込み、感情、損得)、不毛要素である場合は括弧付き(「信念」「思い込み」「感情」「損得」)とします。

1)「信念」
信念とは正しいと信じ堅固に守る具体的な考え。価値観・思考(考え方)・情報の三本柱になっており、価値観は人それぞれで構わないものの思考は適切であり情報は正しくなければなりませんが、これを満足していないものが不毛要素の「信念」となります。「不毛な対立」で最後まで残る厄介な不毛要素です。

信念はその人にとって重要なものですが、それだけ大きな影響力を持っているので強力な「不毛」を引き起こします。

2)「思い込み」
思い込みとは安易な独りよがりの固定観念・先入観。信念とは違って客観的な反証が理解できれば容易に変更されますが、理解力の不足等でこれが出来ていないものが不毛要素の「思い込み」となります。主なものに不確実性の恣意的解釈や正/誤(あるいは良/否や善/悪)判断の単純化があります。

思い込みは誰でも避けられないものであり、ひとつひとつは大したものではないのですが、それが多数になると「不毛」を引き起こします。

3)「感情」
感情とは怒りが燃え上がる、不安に陥る、情緒的となる、無闇に反発する等。これらの過度なものが不毛要素の「感情」となります。自分に発生するだけでなく、他人の説得・誘導に利用することが多くなっています。

対立で感情が湧き上がるのは自然なことですが、感情に振り回されれば「不毛」となるのは当然です。特に「不毛」で重大なのは他人への利用です。

4)「損得」
損得とは物質/精神面での損得勘定。利害当事者が自分の損得を安易に決めつける、および非当事者が自分の損得を優先させるなどの不適切なものが不毛要素の「損得」となります。社会的な功名・悪評なども含みます。

利害当事者が損得勘定で行動するのは自然なことですが、損得を真剣に考えない、被害妄想に陥るなど本当の損得を見誤っている場合がしばしばあります。非当事者による自分優先も含め、不適切であればあるほど「不毛」は深まります。


2. 主張での「不毛」
主張での「不毛」を三つの構造に分けて説明します。
2-1 歪んだ/誤った事実判断 (「不毛」の根源)
@ダムの全否定」 
主な不毛要素は「干渉する頑なな『信念』」です。

この主張は彼らのきわめて頑なな「信念」がそのまま形となったもので、問答無用・唯我独尊ごときの決めつけの排他的・絶対的な主張となっています。

本来、事実判断が客観的で正しくあるためには、少なくとも他からの干渉があってはなりません。注)

しかしながら、「ダムの全否定」からの干渉によって関連する様々な事実判断は歪んだ/誤ったものになっていました。

しかしながら、「ダムは全否定されるべき」との信念によって様々な事実判断は歪んだ/誤ったものになっていました。

もし、信念が「メリット・ディメリットをよく比較検討すべき」「感情的ではなく科学的に判断すべき」「一方の主張だけを信用しない」などの理知的で柔軟なものであれば、これらは事実判断に干渉はなかったはずです。


つまり、頑なな「信念」により「歪んだ/誤った事実判断」が造られるところに問題があります。(下図) 

これが「不毛」の根源になっています。


 注)事実判断とは「実際にどうであるか」の判断。一方、価値判断とは「どうあるべきか」の判断。「(ダムはないに越したことはないが)ダムがないと洪水する」は事実判断、「(洪水するとしても)ダムは建設すべきでない」は価値判断。事実判断には正誤があるが、価値判断に正誤はなく人それぞれで構わない。



2-2 同傾向の派生「信念」 (「不毛」の”骨格”)
A「国の基本高水は誇大」
 
主な不毛要素は「事実判断が転じた『信念』」です。

「ダムの全否定」から干渉を受けた代表的な事実判断が「国の基本高水は誇大」なのですが、一部の脱ダム関係者ではこの事実判断が、単なる事実判断を越えた新たな「信念」に転じていたようです。

ここには歪み/誤りだけでなく次のような問題があります。事実判断はデータが変われば更新される柔軟性を持っているべきなのですが、信念は堅固に守るべきものになってしまいます。また、信念は価値観・思考・情報の三本柱によって十二分に吟味されて形成されていくものですが、ここにはそのプロセスが抜けています。

これは元の「ダムの全否定」との信念に促進された粗製乱造であり、出来上がった信念は元の信念から派生した「信念」と言えます。(下図)

もしこのパターンが繰り返せば同じ傾向を持った派生「信念」群にもなります。
これらが、いわば「不毛」の“骨格”となっています。




B「ダムが水害を起こす」
主な不毛要素は「信仰化による『信念』」です。


”都市伝説”の「ダムが水害を起こす」もひとつの事実判断かも知れませんが、ダム反対の根拠としては薄弱であり、実際、脱ダム関係者も無理があると感じつつも宣伝効果があるために喧伝し続けていたと思われます。
しかしながら、それを繰り返すうちに、次第に確かな根拠のある事実判断と確信するようになり、いつのまにか「信念」になってしまったようです。

これは信仰化とも言うべきものであり、悪い意味でのお題目・信仰箇条と同じように思えます。
上記の粗製乱造の端的な形となります。


2-3 安易な/誤った「思い込み」群 「不毛」の”血肉”)
C「清流が失われる」

主な不毛要素「、刷り込みによる『思い込み』」です

「清流が失われる」が確かな根拠もないにも関わらず流域住民の「思い込み」になっているのは、脱ダム関係者による刷り込みが大きいと思われます。
特に、ここで呼び起こされた「感情」が理解力を鈍くして良/否・善/悪単純化の「思い込み」になっているようです。

一方、一部の流域住民には清流を一種の“聖なるもの”とする「思い込み」、さらにはダムによって清流が“穢れてしまう”如きの「思い込み」もあるように思われます。これにも「感情」が関与しています。

ちなみに、刷り込みは他の主張でもかなり行われています。



D「ダム以外の治水が可能」
主な不毛要素は「希望的観測による『思い込み』」です。

将来の豪雨に対する恣意的解釈の「思い込み」ですが、特に水害はあっても今までのように多数の死者が出ないはず、および”緑のダム”に期待できるはずの希望的観測が強くなっていると思われます。

なお、このような希望的観測は自分の損得を見誤った点では「損得」になっています。
実際、希望的観測は正常性バイアス(自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価したりする認知特性)の面もあると思われます。

ちなみに、希望的観測は「国の基本高水は誇大」でも行われています。



E「国交省は”悪人”」
主な不毛要素は「典型的な善/悪単純化の『思い込み』」です


また、怒り・反発の「感情」の発露にもなっています。

さらに、住民意向尊重の機会を逃した点では利害当事者が自分の損得を安易に決めつける「損得」になっていますし、反対運動で盛んに利用された点では直接の利害はない関係者が自分の損得を優先する「損得」にもなっています。

ちなみに、このような単純化は善/悪、正/誤、良/否の違いはあるにせよ多くの主張でも行われています。

 
以上三つの主張とも「思い込み」が中心となっていますが、それぞれの「思い込み」にに影響を与えたものは他人の主張(刷り込み)や自分の信念・主張、他の思い込み・感情・損得など様々です。

 このように安易で、しばしば誤っている「思い込み」がが溢れかえります。(下図)
これらが、いわば「不毛」の“血肉”になっています。

3. 姿勢での「不毛」

1)国交省・・・子供の信頼を失った親
主な不毛要素はパターナリズムの『信念』」です。

また、組織の防衛・守旧等のための空気としての「損得」は少なからずあったはずです。ただ、「感情」「思い込み」はほとんどないと思われます。

2)マスメディア・・・”事実に角度を付けている”
主な不毛要素は「“正確・公正”より優先される『信念』、私企業としての『損得』」です。


(全国)
新聞系では「社会の木鐸」や社会変革の信念が、テレビ系では私企業故に視聴率アップの「損得」が強くなっているようです。これらもあって、
読者の”心情”に訴える「感情」と恣意的な「思い込み」が目立ちます。

本来、報道の正確・公正を堅持するという信念をすべてに優先すべきでした。

(地元)
毎日記者では「環境破壊は許されない」との個人的な「信念」が大変強くなっているようです。
また、カヌー愛好家である自分の「感情」に流されて「ダムがなくても人的被害は出るはずがない」とのきわめて恣意的な「思い込み」、および「ダム関連はすべてが悪」と単純化する「思い込み」があるようです。

また、相手の「感情」を利用する情緒的な”心情”への訴えも目立ちます。



なお、環境破壊や水没地の悲劇を強く訴えているものの、比較し得ないほど大きな水害犠牲者の悲劇には思いが至らなかったのかと不思議に感じてしまいますが、人的被害は出ないとの「思い込み」に陥っている本人としては何の疑問も感じなかったのも当然かも知れません。

3)脱ダム活動家・・・”正確・公正”を欠く、”心情”に訴える
主な不毛要素は「確信犯正当化の『信念』、フル活用の『感情』」です。


(全国)
脱ダム活動家は「ダム全否定」との強い「信念」がありますが、この「信念」は”正確・公正”を欠く主張や国交省への誹謗中傷などの確信犯的な行動を正当化しています。

また、成果を上げている情緒的な”心情”への訴えは相手の「感情」をフルに活用しています。

その他、「ダムは大嫌い」との自分の「感情」、「ダムは問題だらけ」との「思い込み」、および政治的な思惑や自分の職業的立場などの「損得」もあります。

(地元)
全国区と概ね同じですが、次の点は異なるでしょう。まず、職業的立場での「損得」はありません。
つぎに、今回ほどの大惨事は発生しないだろうとの恣意的な「思い込み」がきわめて強かったようです。
また、国交省は信用できないとする単純な「思い込み」も強かったようです。


4)脱ダム学者・・・活動家になっている
主な不毛要素は「“真実”を鈍らせる『信念』」です。

脱ダム学者にも「ダム全否定」の強い「信念」があり、本来の”真実”追及の信念が鈍っていると懸念されます。それが活動家的な姿勢になってしまっている原因でしょう。

万が一、川辺川ダムは必要と感じつつ否定したとして、その理由がダムは必要と言えば脱ダム関係者から批判されてしまう、あるいは脱ダム運動に水を差してしまうとのことであれば、前者は個人的な「損得」、後者は公的な「損得」が潜んでいたことになるでしょう。


5)住民・・・理解力が不十分
主な不毛要素は「コントロールされる『思い込み』『感情』、決めつけの『損得』」です。


(全国)
入手情報のほぼすべてをマスメディアに依っている多くの国民は、”正確・公正”でない情報によって「思い込み」が形成され「感情」もコントロールされます。

(地元)
流域住民は脱ダム関係者からの情報をより多く得ているので、「思い込み」と「感情」が目立っていました。

また、流域住民はダムによる受益者であるにも関わらずいとも安易に「ダムは損」と決めつけてしまい、これが一因となって対策が進まず結局大きな損害を被ることになりました。


4. まとめ
主張での主な不毛要素と特徴は以下のようにまとめられます。


なお、分かりやすいように上表のように明確に区分けしましたが、実際には下図のように重複しています。


各関係者の姿勢での不毛要素は以下のように整理されます。




               前ページ        次ページ